美顔器

イオン導入美顔器

イオン導入とは、電流を利用して有効成分を皮膚に効果的に浸透させる方法です。

 

ビタミンCの導入がメインです。

 

ビタミンCは水に溶けると、電気的にマイナスになります。

 

肌に塗ったあと、イオン導入器でマイナスの電極を当てるとマイナス同士の反発で、肌の深部にまでビタミンCを送り込むことができます。

 

これがビタミンCイオン導入のことです。

 

その結果、ビタミンCを導入すればシミを薄くしたり美白効果が得られます。また、ビタミンCにはコラーゲンを生成する力があり、コラーゲンで出来ている真皮をしっかりさせ、たるみを改善したり、にきび跡の改善にも効果的です。

 

ビタミンCを効率よくお肌の真皮まで行き渡らせるのが大事なんですね。

 

家庭用のイオン導入器はクリニックでやってもらうのと比べると少し力が弱いです。

 

具体的な商品はこちらで紹介>>

超音波美顔器

超音波美顔器は一番ポピュラーな美顔器ではないでしょうか

 

超音波美顔器は、名前のとおり、超音波を利用して美顔します。

 

超音波とは人間の耳では聞くことのできない周波数をもつ音の波(音波振動)の事です。自然界に存在する音による振動で、電流や電磁波とは違います。超音波が一秒間に振動する回数(振動数=周波数)をHz(ヘルツ)という単位で表します。

 

人間が聞こえる音の周波数は16Hz〜18,000Hzといわれ、20,000Hz以上を超音波と呼びます。

 

超音波美顔器によって、皮膚の深部に1秒間に何万回もの振動を与えて血行を促進し、新陳代謝を活発にする効果があります。

 

また、肌の内部に刺激を与えることで脂肪分解を促したり、筋肉を刺激してラインを整える効果などもあります。

 

自己流でマッサージをすると皮膚を引っ張って、余計にシワが増えたりしますが、超音波ならそんな心配はいりません。

 

フェイスラインがぼけてきたという人にぴったりです。

 

 

具体的な商品はこちら>>

低周波美顔器

顔の筋肉がたるむと皮膚もたるみます。
低周波美顔器は顔の筋肉を鍛え、筋肉のたるみを改善し、リフトアップ効果などが期待できます。

 

表情筋エクササイズも間違えるとかえってシワが増えます。

 

低周波美顔器ならそんな心配はなく筋肉を鍛えることができます。

 

 

低周波美顔器は、名前のとおり低周波を利用した美顔器です。低周波とは、1〜999Hz(ヘルツ)の間の周波数をもつ電気のことで、この周波数の電気を筋肉に流すと、意識とは別に筋肉が収縮運動を起こします。電流が通っている間は筋肉が収縮、通電を止めると筋肉は弛緩するという仕組みです。この電気を掛けるサイクルや出力を変化させることで、擬似的に揉んだり叩いたりというような感覚を持たせ、筋肉に負荷をかけます。

 

その結果、小顔に近づけたり、ハリが出ることでシワが薄くなったりします。

 

痩身エステで、横たわっているだけで筋トレというのが、低周波で刺激しているのです。
いわゆるEMSというものです。

 

前は低周波美顔器は10万円以上のしたのですが、最近は安いものも見られるようになっています。

 

実は8年ほど前に低周波美顔器を購入しました。

 

手袋をして、顔を押さえるだけです。 びくっびくっと顔の筋肉が動くのが感じられます。

 

具体的な商品はこちら>>

 

光美顔器(フォトフェイシャル)

これまではエステサロンでしか、受けれなかった光エステ。
フォトフェイシャルといいますが、最近では家庭用の光美顔器も出てきました。

 

ブルーの光は、ニキビ、肌荒れ、毛穴ケア

 

レッドの光は 小じわ、たるみ、肌活性

 

イエローの光は シミ・くすみ・美白 に効きます。

 

特殊な光が神秘部分にまで浸透し、コラーゲン、エラスチン、酸性ムコ多糖類など、若々しくハリのある肌を保つために必要な成分を生成する繊維芽細胞に働きかけるのです。

 

 

光エステはエルセーヌや、スリムビューティハウスでやっています。

 

家庭用とエステサロンの違いは、エステサロンは光エステをやっているあいだにも色々施術をほどこしてくれるところです。

 

体験されるのもいいんじゃないでしょうか。

 

スリムビューティハウスではサロンで使っている光美顔器を売ってもくれるそうです。
光美顔器はピンがキリかという値段設定です。

 

2680円のもあれば、12万円のもあるみたいな感じ

 

いくつか紹介いたしましょう。

 

 

家庭用の光美顔器はお値段は安いものから高いものまで色々です。

 

具体的な商品はこちら>>